書痙で悩む日々の記録

「書く事ができない」ただそれだけだけど。それが自分にとってとても大きな障害になってるんです。その病気に気づく前から今までの苦悩、そして、これからの経過を記録として残していこうと思いこのブログを開設いたしました。

8月15日

この日は、朝イチでの日大板橋心療内科からスタートしての午後ははなぞの治療院での鍼灸というフルコースでした。心療内科は書痙に効果あるのでしょうか。疑問に感じます。カウンセリング1時間と診察30分くらい。話しはできますが。いかがなもんでしょ。自律…

8月8日

書痙というのは、自分のメンタルそのものだと実感しています。悩んでる時。とてもひどくなります。焦ってる時。とてもひどくなります。今の自分。とてもひどくなっています。そう。悩みがあるんです。もちろん書痙の事は常に悩んでます。それ以外でも。仕事…

8月1日

最近、手の震えが激しく状態のよくないKAKENAIです。いままでの中で最悪ではないでしょうか。僕の中でですが。もちろん他にもっとひどいよという方もいるかもしれません。先に謝罪しておきます。が、僕の中で本当ひどいんです。どーしたんだろ僕の右手と思っ…

7月18日

随分アップ間が長くあいてしまいました。何もしてなかったわけではなく、疲れてすぐ寝る生活をしていたものでアップする余裕がなかったんですね。さ、本日の件に行く前に7月4日にも鍼灸行ってるんですね。その事から載せようかと思ったのですが、記憶があい…

6月20日

今日は朝イチで日大板橋心療内科の受診でした。診察ぬきのカウンセリングのみ。自律訓練法の実践ですね。この訓練は書痙には効果はないのですが、考え事などから一瞬離れる事ができるので、自分を落ち着かせるにはとても効果ありだと思います。1時間カウンセ…

6月19日

この日は待ちに待った鍼灸の日。16時から施術開始です。今回はヘルニアで痛んでる腰にもお灸をしてくれました。まずは横を向き腰のお灸から。これが熱くて熱くて。足先まで響く感じでした。続いて首筋から背中にかけてのお灸です。これに関してはそこまで熱…

6月16日

今日の右手は最悪でした。何があったわけじゃないのですが、震えて書けない。ゆっくり落ち着いて書こうと思っても今日はダメダメでした。こういう日もある。明日は書ける日でありたい。毎日そう思っています。書ければ。ただそれだけなのに。なぜ書けない。…

6月12日

いつもの鍼灸の日です。この日を待つのが楽しみになっています。楽しみ?というか救いですね。この鍼灸があるから少し楽になるんです。気持ちが。実際に少し書けるようにもなりますし。書けるというか落ち着けるんですよね。落ち着くから書けるんですね。と…

6月9日

最近の休みは病院ばかり。今日も検査で病院へ。初診だったためまた書かなければならなくて。ペンと用紙2枚を受け付けで渡されました。おそらく普通の方であれば3分もあれば終わる作業かと。僕は30分かかってしまいました。別に胸を張っていうことではありま…

6月6日

人間不安が多ければ多いほど悩みが増え、不安が少なければ悩みが減りメリハリある生活が送れるのではと思います。まさしく今の僕は不安の塊でできており夜も眠れず常に何かを考え何かにおびえている感じです。ある日の話しですが、仕事で電話対応をしました…

5月31日

昨夜妻に背中をお灸してもらったおかげか朝一での書き仕事は、下手なりに汚いなりにまぁうまくいったかなと思います。が、今日はここからが仕事で色々ありました。色々あると影響してくるのがこの右手です。特に上から指摘を受けると過剰に反応してしまいま…

5月30日

この日は仕事であった。皆がうまく回るように組み立てたりとせわしなく動いていたせいか、字を書こうとすると固まって震えて全く字にならなかった。プレッシャーに弱いのか。ほんと些細な事で影響される手です。29日に鍼灸ばっちりやったのにも関わらず。残…

5月29日

本日は休みなので鍼灸の日です。自宅にあったお灸を全て使い果たし、ここ3日程全くお灸をしていません。いつもなら寝る前にお灸タイムしているのですが。もちろんネットで注文はしています。まだ届かないんです。いつもしている事をしていない不安感。不安感…

5月28日

5月24日に鍼灸をしっかりしてもらったおかげで、いままでになく右手が良好なんです。もちろん日に日に動かなくなってきてるし震えるようにもなってきています。が、いいんです。汚い字だし、読めない字だし、力入ったりしてますが、まだ書けてる方なんです。…

5月24日

事務職が始まってから初の休み。書痙の僕でもパソコン業務は全く問題ないのですが、電話対応のメモとりやその他の書き物が厳しいですね。特に電話対応の場合、他との連携もあるので間違いなく伝えなければいけませんから。そうなるとメモは大事。ま、誰が見…

5月22日

ちょっとした入院騒ぎから自宅療養を経て本日より仕事復帰です。やっぱり入院しているより仕事してた方が落ち着きます。会社が色々気遣ってくれて現場職ではなく事務職での復帰です。ヘルニアになった腰にはとても良い。ですが、事務職というとパソコン打ち…

5月21日

いままで使っていたアイフォンの調子がすこぶる悪く、これを機に機種変更してしまおうかと。アイフォン7にしようと決めたわけです。ここまでは良かった。ここからが僕にとっての試練。そう、何かしらの契約の時にはサインというものを自筆でしなければならな…

5月17日

久しぶりにはなぞの治療院で鍼灸治療してもらいます。なぜしばらくあいたかというと。ひとつは本当に鍼灸で効果があったのかどおかを試してみたかった。もうひとつは腰椎椎間板ヘルニアになってしまって約1ヶ月来ることができなかったから。ひとつめに関して…

ここまでで

字がきたないと思ってても普通に過ごせていた自分。筆圧が異様に強いけど、ま、字は書けてると思って過ごせていた自分。字を書いている自分を見られることのストレスを感じはじめた自分。僕の字って何かおかしいと感じた自分。字が書けないことに気づいた自…

H治療院との出会い

持病で腰痛を持っていたわたしは鍼灸医院に行くことにしていました。先生とのふとした会話で。書痙ってどおなんですか??字書けないやつですけど。針でよくなるんすか??できるよ。治した人いるしね。その人社長さんでさ、書類にサインできなくてなげいて…

2年前

一向によくならない僕の字。ペンを持つとなんかモードに入ってしまい過緊張をおこすんです。ペンを握ると強く握りしめてしまう。それは震えを抑えるために強く握ってしまうのです。逆に少しでも緩く持つとポロンと手からペンがおちていってしまう。字を書こ…

3年前

心療内科に通ってもカウンセリング受けてもよくなるわけないんですよね。確かに気持ちは少しよくなったかもしれません。僕の話しを聞いてくれるから。でもそれが字が書ける様にリラックスできてるかといったらそうでもない。書痙とわかったところで、僕は一…

4年前

この年に字に関して大きな事が起こります。それはいきなりおとずれました。あのKで一緒にリーダー組んでた2名が新規開設のOに異動してきたのです。Kでの悪夢が蘇った瞬間でした。そのときから僕の字が変わってしまいました。人前で書けなくなってしまったの…

5年前

この年はぼくにとって転機でした。新規開設に抜擢されました。あ、その前にOでの送別会がありました。僕への贈り物は、なんと、ペン習字の本でした。がっかりしたし、むかつきもしました。病気とは気づいていない僕でしたから。で、新規開設の研修、会議室で…

5年前

何事もない5年前。本当可もなく不可もなく。無難に過ごしてました。余裕があるといつも以上に仕事がうまくいくものです。色んな土台作りや改革もしてきました。ただ、字だけは変わりませんでした。

6年前

Oというところへ異動になった僕にはミッションがありました。ポジティブ&Do。コミュニケーション。常に前向きに行動あるのみ。これをやりながら肩肘張らずにリフレッシュしながら仕事をしていく。これが、自然とできていたんです。僕にとっては3回目の異動で…

7年前

この歳、僕はリーダーに昇進。やってやるぞ、とやりまくります。会議もほぼ全て出て自分がなんでも知ってる感を出していました。その弊害が事務所で起きたのもこの頃です。隣りのデスクに座っているのがS。隣りに僕がいるのにも関わらず会話は全てパソコンメ…

8年前

8年前の事を書きます。僕にとってはターニングポイントになった会社内での異動。やっと自分が認められたんだなと張り切ってKという駅にある施設へ通い始めたわけです。本当やる気に満ち溢れていたわたしは言われた係や委員会は全部こなし掛け持ち当たり前状…

9年前

9年前のわたくしの勤務先は都内M駅にある有料老人ホーム。この時もわたくしの体調は全く問題ありませんでした。モチベーションも高く何も怖がらずに率先して動いていました。そしてパートナーとなる妻と結婚したのもこの時期でした。婚姻届を書くのも全く問…

10年前

わたくしこと筆者は現在38歳。既婚者で娘のいる会社員です。今の会社に入社したのが約10年前。その頃の自分は健康体そのものでした。もちろん今もですが。10年前というと28歳。仕事柄字を書く事が多かったんです。あ、ちなみにですが、わたくし会社員と言い…

ブログ作成にあたり

今回このブログを作成したのにはひとつ理由があります。人にはそれぞれ悩みのひとつやふたつあると思います。重い悩み軽い悩み千差万別だと思います。もちろん筆者であるわたしにもあります。第三者からしてみると「なんだ、そんな事悩む事ないよ。」と思う…